建築学生が都市に関する研究テーマの絞り込みをしてみた

現在僕は建築を学ぶ大学4年生。今年で大学は卒業なわけですが、現段階では大学院へ進もうと考えています。大学院に進学して何をしていくのか、まず今年の研究は何をするのかは最近の僕にとってとても重要なテーマなので、言葉にして頭を整理していこうと思います。

今やってみたいと思っていること

もともと大学院に進学するつもりではなかった僕ですが、4年になって配属された研究室で思っていた以上に面白いことができそうなので大学院に進学を決めました。

そして今やってみたいと思っていることは、「都市育成シミュレーションゲーム開発」です。シムシティとかマインクラフトとかをイメージしますよね。僕の所属する研究室は現在は都市シミュレーションをメインに研究を進めているので、それに付随していろいろと面白いことができそうな印象なのです。

ただ、まだ漠然としすぎている状態。研究テーマをしっかりと定める時期ですが、3,4月と論文を読み漁ってみて「都市」「シミュレーション」「ゲーム」といったキーワードを「教育」に繋げるのが面白いのではないかと考えています。

どうやってWebを絡めていくのか

学部2年の頃にWebに興味を持ち独学で勉強を始めて、学部3年次からWeb制作会社にてアルバイトを始め、いろいろとWebに関する知識を付けてきました。最近はできることが増えてきて最高に楽しい時期なのですが、建築とWebをどうやって絡めていこうかずっと悩んでいました。

そこでぱっと目の前に現れたのが研究室。外から見ているだけではいまいち実態がわからなかった研究室ですが、いろいろと内部で勉強しているうちに、実際に自分が今作ってみたいと思っているものはまさにWebと建築をかけ合わせられるものなのではないか思えてきました。

そして今考えているのは、

  • 都市開発が成功した都市のモデルを再現して、手順どおりに都市計画を進めていく練習(各建築物の建て方も学べるような)
  • 主に都心など人の集まりが多い地域で、商業スペースにこんな店舗が入ったら(この土地でこの建物ができたらとかいろいろできる)人の行動はどうなるのか、街はどう変わっていくのか
  • ↑でできた都市や環境で地震避難シミュレーションや人の滞留のシミュレーション
  • WSで使用することでより明確なスケール感でイメージでき、合意形成の役に立つようなツール
  • 建築学生が使用することを前提としたもの

だいたいこんな感じのことが面白そうだなと思っている状況ですね。やはり物を作る以上誰かに使用してほしいし意見もほしい。よりポジティブな使用方法として浮かぶのがやはり「教育」や「啓発」を意識した設計だよなぁっていう感じ。下にいくほど具体的じゃなくなっているのはいろいろな要素を盛り込みたいと思っているので箇条書きのような意味です。

極論を言ってしまえば、シミュレーションにしろ何にしろ研究したものをWebでうまく公開して、アプリ化したりWebサービス化させてしまえばそれだけでWeb×建築のできあがりな気もしますが、もう一歩踏み込みたさが残る。既にある何かをWebアプリ化するだけじゃなくて、研究した内容を盛り込んでこそできるとやはりいいなと思っています。(一緒のようで少し違うと思っています、曖昧ですが)

ぜんぜん意識を低めていってないのでちょっと低める

こうやってやりたいことを全部リスト化して全部盛り込んでやろうと思うとおそらくというか十中八九行き詰って炎上するんだろうなっていうところで少し頭を冷やして客観視してみようと思います。(いいなこのブログの使い方w)

冷静に、今年必ず通過するイベントを書き出すと、

  • 大学院の試験勉強(8月まで)
  • TOEIC勉強(あと1ヶ月)
  • 卒業論文(夏休み~11月ぐらい)
  • 卒業設計(12月~2月ぐらい)
  • 学会発表(来年のどこか?)

とかで、個人的にやりたいことを書き出すと

  • 定期的なWebサイト制作(Webデザイン)
  • Webアプリ制作
  • スマホアプリ制作
  • 英会話を結構レベルアップ
  • JSがっつり書きまくる
  • phpがっつり書きまくる
  • perlを書けるようになりたい
  • Web系のインターン行ってみたい
  • 個人的に仕事もらってサイト作りたい
  • たくさん本を読みたい

とかで、定期的なWebデザインについてはこの3,4月で結構がっつりやっててペースを掴んでいる感覚があるので一ヶ月or一ヵ月半に1つぐらいのペースでやっていきたい。自分で設計→デザイン→コーディングまで。そのペースは守りつつアプリ制作の勉強もしていきたい。そこに研究も追加で英語もがっつりやりたいっていうわがままっぷりなんですよね。

つまりそれは無理なんで、必須の英語はほどよくやってブログでアウトプット、Web制作は研究に使える技術を勉強する目的で制作→公開、読書は研究に関すること(都市とかプログラミングとか)。そして肝心の研究は、滞留とかのシミュレーションができる土壌・基盤となるものを作りたい。まず小さい範囲でもいいと思うし。まあそれがかなり大変なんだろうなという気もしますが。

とりあえず現状の問題点は知識がなさ過ぎること。どれくらいで何ができるっていうのがまったく見当も付かないのでそれっぽいもの作ってみるのを5月の課題にしよう。

まとめ、5月にやること

  • TOEICの勉強
  • 今担当しているWebサイト制作
  • 都市育成シミュレーションアプリっぽい何かを作る
  • 論文読みまくる
  • 本読みまくる
  • 英会話

都市育成シミュレーションアプリっぽい何かは早々に取り掛かるべきですね。TOEICの得点は試験に使用するためかなり力を入れないといけないので時間の捻出はかなりうまくやらないといけない状況。試験が5/24にあるのでちょうど一ヶ月だから、今から一週間半ぐらいでそれっぽいものを作ってみて、担当しているWebサイト制作もしっかり進め感じなのがこれからの二週間かな。この期間は英語は時間を決めてコツコツと。

こういうエントリー書いても誰も読みたくないよなっていまさら思った

このブログ、基本は自分の頭の整理のつもりでいるからどうやってやっていくといいのかいまいちわからない…。とりあえずいろんな人と話してみたいのはあるので誰かには見てほしいしコメントもほしいしtwitterで交流もしたいなってところですがまあおいおい考えていこう…。

という感じで長々と失礼しました!それではまた~~

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です