都市育成シミュレーションとかWebGISとか避難シミュレーションとか今日のゼミで浮かんだアイディアまとめ

今日は研究室のゼミがありました。結構いろいろとアイディアが浮かんだので忘れないうちにメモしておきます。都市育成シミュレーションとかWebGISとか避難シミュレーションとか、ちょっとWebデザインの話もあります。

過去の街並みを作る都市育成シミュレーションゲーム

明治時代とか江戸時代とか、まあいつでもいいけど、有名な建築がある地域とかにしぼってその都市のでき方を再現するシミュレーションとか面白いかもしれない。海外でいうと美術館とか芸術要素の高い建築ができるのに合わせてその都市も芸術都市へと変貌していくような評価指標のシミュレーションとか。日本の場合だと歴史的街並みを再現していき、正解に近いと事前に作っておいたモデルが出現してくるような。うーん、まだかなり曖昧なアイディアですがとりあえずメモ…。

火災シミュレーションと避難のエージェントシミュレーション

火災シミュレーターは結構完成していると教授が言っていたのでとりあえずこれを調べないといけない。火災の進んでいく様子をプログラムしておいて、都市の川とか道路とかの要素によってどう変化してくるかといったシミュレーションと、そこに避難エージェントを入れて震災後どう避難していくかなど。震災とか防災に関しての開発も結構面白いと思うこの頃。

作ったものをWebで公開したらその時点で今だと結構大変

アクセスが増えることを見込んで負荷分散とか学ぶ必要が出てくるし、インタラクティブなコンテンツにするならAjaxとかがっつり使う必要があるから処理速度とかもっと勉強しないとってところだし、単純にこれだけでも楽しそうだなぁと思うんだけど、WebGIS使って何か開発してって段階でもかなり勉強する項目があるところに公開でサーバ側もAjaxもがっつりだと実際やばいのでは!?っていう気もしている。なんとかなるか!手を動かしまくれば!笑

ランダムで道を選ぶプログラム

こんなのは初歩の初歩だと思うんだけど、ランダムで道を選んで進んでいくプログラムを書こう。まずその基本を覚えて、次に条件から形態を選択するプログラムを書いて、最終的によっては条件によって建築のモデルを生成できるようにしたいんだよなぁっていう。難しそうだけど、もうすでにやってる論文をこないだ呼んだ記憶があるのでもう少し掘り下げよう。

WebGISは愛知県で結構しっかりやってるらしい

WebGISかどうかちょっと曖昧だけど、土地の情報をかなりしっかり研究してデータとしてもっているらしいのでその辺もしっかり調べたい。作りたいものが決まれば必要な知識と情報を集めればいいわけだけど、WebGISについてはイメージもつかない状態。どんな情報があるのか+どんなことができるのかっていう知識から何をするか考えれるんだから、まずどんな情報があるのかを愛知県のどっかのサイトか、実際に聞きに行くのかちょっと教授に聞かないとだけどしっかり調べる。同時並行で論文も読みまくったり活用事例を調べまくったりしてどんなことができるのかも把握する。この辺から都市育成シミュレーションゲームの拡大化に使いたい。やっぱり実際の土地でやりたいよなぁっていう気持ちが強いので。

Webの話

これは研究とは別だけど、スクロールして結構奥行きの感じるWebサイトのデザインを作ってみようと思った。線とかでパースにしたら奥行き作れたり色の変化で面白いと思う。まあすでにあったと思うけど、そこまで流行ってもないと思うのでいろいろ調べてみて1回作ってみよう。こういうのが、都市育成シミュレーションゲームを作ったときの紹介Webページに使えたりするかもだし。箱とか使ったデザインもやってみたい。やっぱデザインも本格的にやっていかないといけない時期にきている気がする。自分で最初から最後までやろうと思うとUIとかこだわりたいしなあっていうところで、ちょっと落ち着いて考えてみるとやはりそういうところに最初からこだわりすぎると開発がいつまでたっても終わらないのでテンポよく開発する練習も兼ねていかないといけない。自分でルールを確立していくのって大切なんだろうな。

現状把握

だいたいやりたいことはこれくらいだと思うけど、今のところネパールの震災募金も頑張りたいし、TOEICの勉強も頑張りたいし、Web制作案件も進めたいしで大変だ!とりあえずTOEIC終わってからの活動になるとは思うので、今回のメモでまた思い返して頑張っていこう。研究テーマも早めに決めないと焦ってしまうのである程度見切りつけるのも大事だろうし、見切りをつけるためにはたくさん知識を付けて判断できるようにする必要があるね。そんな感じです。今日は早めの投稿でした。それではまた~

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です