人生はシンプルで全てはタイミングだ

最近色々環境が動いたり心境も変わったりしたからちょっと整理しておく。

良くも悪くも自分を知っていっている

ちょうど1年前に残りの学生期間をどうやって過ごそうかなとか思って半年ぐらいひたすら頑張ってちょっと疲れて、しばらく自分に向き合おうと思って、料理とか趣味とか仲のいい友達と楽しく遊ぶだとかプライベートを充実させて、最近は一人でバーでお酒を嗜んでぼーっと考える時間も増えたりしたんだけど、自分は環境に左右されやすいというのが一番スマートな答えな気がする。だからこそ環境を整えること、自分の心に向き合うこと、いつも問い直すことが大切だなって思う。

ゆっくり考える時間があったし、たくさん面白い人にも会えて、新しい考え方をできるようにもなって、ちょっとだけ成長できたかなって思う。

焦りはある

インターンでできた周りの友達はがむしゃらにコード書きまくったりグロースさせまくったり、ああやっぱこいつらすげぇしめちゃくちゃかっこいいなって思うことがとても多い。名古屋にいて自分も精一杯足を踏みしめて土台づくりをしてるんだけれど、東京で、世界で、前線で結果出してる人はやっぱかっこいい。正直めちゃくちゃ焦る。

他人は他人というのが自分の心情なんだけれども、自分と向き合ってる間はそんなにがむしゃらにずっと前だけ向いてたわけじゃないから、これからどうしていこうかなっていう漠然とした不安が日々募ってたりもした。

でも自分がどうしたいかは正直わかっていない

東京行ったらああしたいこうしたい、ってのはもちろんあるし、なんか変なプライドとかあるわけでもないからとにかく必死にサービスをよくする&そのためにもっと成長することしか考えてないんだけど、最終的にどうしたいなんてやっぱいつもわかんねえよって思う。就活でよくn年後はどうしてると思いますかみたいな質問あった気がするけどそんなん知るかって感じでしかないw 「いやわかんないですねwまあ頑張ってると思いますよwその場の最善を尽くすんでwでもまあ答えるなら3年以内には云々」みたいに答えてた気がするんだけどそんなの決める方が馬鹿馬鹿しいしなんかの足枷になって大事なところで決断が遅れると思っているから自分はその場の自分が最適だと思う道に全ベットして頑張るよというだけだなとか冷静に思った

答えはシンプルすぎる

結局のところ目の前のことに集中するだけ、都度その精度をあげるし、目の前の目標が正しい目標かを客観視して修正してまた頑張るだけ。
待っていればなんかやりたくなるとかできるようになるとか、そういう考えは幻想でしかないので常に最初に切ろう。
生き方・考え方をシンプルにしていくだけでもっと楽しく幸せになれるなって最近実感している。

自分は絶対にタイミングの運がいいと思う

自分は自分に自信がなさすぎるんだけれど、本当に自分の中で誇れるところは人との出会いでの運が良すぎることと、タイミングの運がいいと思う。いい人と出会える場があってもタイミングがないとその人と仲良くなれないかもしれない、話していてもそこまで仲良くなってなかったかもってことがあったりする。
なんかこないだもこれ書いた気がするからまああんま深く書く気はないけど、なんか最近思うのは、思ったこと・思考をちゃんと言葉・文字にして外へ発信する・自分のものにするという感覚が非常に生きる上で大切な気がする。自分という人間を形作っていくから。

今年に入ってからもいい出会いがあったりして頑張っていこうとか思えたりして、全然予定外の決断を下したりもしたんだけど、その場でちゃんと向き合って決断して生きていくってのが大切だと思う。自分は何者でもないと思っているし何者かになりたいわけでは決してない、でも唯一誇れる自分の運と感性に大事な局面では頼って生きていこうなんて思った最近だった。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください