良質な睡眠のためにはコーヒーは飲んじゃいけないのかという疑問

コーヒーは大好き、でも飲みすぎて夜うまく眠れない…ってことがたまにあるたみやんです。もちろん寝る直前に飲むなんてことは基本的に禁止していて昼やおやつどきに飲むことが多いですが、それでもたまに夜まで頭が活性化していることがあるのでコーヒーについていろいろ調べてみました。

カフェインの持続時間

ヒトの体内でカフェインは代謝されて、主に尿酸となって尿と共に排泄される。ヒトの成体において、体内でのカフェインの半減期は通常、約4.9時間程度とされている。

wikipediaより引用です。カフェインの半減期が4.9時間ってことは5時間たってやっと半分ってことですね。しかももう少し調べたら完全になくなるのは数日かかるとかなんとか。

もはや知りたいこと全部書いてあるサイト見つけた

カフェインは疲労の原因?
もう今日の記事の意味なくなったので自分のこと書こう

飲んでいいのは遅くて17時まで

半減期が長くみて6時間だとして、23時半には寝ようと思ったら17時以降に飲むのは得策ではないですね。今日は実は夜9時ぐらいに飲んでしまったのでかなり後悔しています…。まあ仕方ない。ちょっとゆっくりシャワーを浴びてゆっくりストレッチして瞑想して眠ろうと思います。

昼の仮眠を習慣にしたい

コーヒーを飲むのはおいしいから、リラックスできるから、眠気が覚めて集中できるからぐらいの理由です。そのうち後ろの2つは少し生活を意識すれば改善できますね。普段からなるべくリラックスできるようにしっかり夜の睡眠の質を高める、朝日はちゃんと浴びる、軽く運動できると尚良し、焦らないよう早めにいろいろ準備する、集中するとき思いっきり集中して夜ぐっすり眠る、まあいろいろあります。そこにしっかりと「昼の仮眠」を追加したいと思います。15〜30分ぐらい仮眠をとると良いらしいので積極的にとっていきたい。16時以降に仮眠をとると夜の睡眠に支障をきたすらしいのでそれ以前にとる必要がありますが、いつも忘れていて気づくと16時を過ぎていて悲しい。お昼ご飯とセットでできたらいいね。

昼間集中するために

ここが一番重要というか根本の話。集中するために睡眠をしっかりとったりコーヒーを飲むわけなので、ここの結果にコミットしないとダメですね。今日からArduinoの勉強を始めたのですが、友人と一緒に始めたので毎日2時間確保して一歩一歩やっていこうってことになってます。そうやって誰かと一緒に集中するのは少し疲れていても可能なワークなので、こういうのを生産性が落ちる時間帯に確保できると嬉しい。おやつどきとか。そして早起き生活をスタートさせてるので、午前中はメール等のチェックは最小限にとどめて邪魔を極力排除して自分だけの集中空間でがっつり勉強しようと思います。ここは主にプログラミングの練習かなという予定。お昼ご飯を食べたらまた一回集中して、そのあと友人との勉強会で強制的に集中して、あとは動画で勉強したり情報収集したり軽く運動したりブログを書いたり復習したりアウトプットする時間に回せば確実に知識がついていきそう。大事なのはいかに「確実に集中できる時間を確保するか」ですね。これは睡眠うんぬんの話じゃないからね。

今月から勉強した時間を記入していく

勉強したい項目を作って、毎日の目標時間を設定して、目標時間との誤差を記入していくシートを作りました。時間はまあ目安の一つにすぎませんが、最初の勉強習慣をつけるという意味で今月は取り組んでみようと思います。効果があったら少し継続して自然にできるようにしようかな。視覚的に自分の無駄な時間を算出したいなという目的で、無駄に携帯を触っていた時間やSNSを見ていた時間等もだいたいでいいので記入していきます。効果あるかな。途中で嫌になりそうだけどまあできる限りで続けよう。自分の生活に関する思考錯誤は大好きなのでほどほどに続くぐらいのゆるさでいいから取り組んでいきます。今日はもう寝たいのでこれくらいで終わり!ちなみに今日のBGMはRadioheadでした〜。それではまた!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください