ほどよく書きたいことを書くのってめちゃくちゃ気持ちいい

ブログっぽい何かもこれで3つ目。誰かに読んでもらうためにはタイトルってすごく重要だけど、ほどほどでいいかなと思うと「ブログを長く続けるために意識すべき5つのこと」とか「ネタ切れ!?ブログを気持ちよく書き続けるためにするべき習慣8つとか」いうタイトルにしなくていいわけですね。てわけで適当にサッポロビールのうまさについてでも書いて寝ます。嘘です。書きたいことをちょろろ〜って書くとどんなプラスなことがあるのかまとめます。

ビールは絶対サッポロが一番うまい

お金に余裕なんてないですけど、ビールはいっちょまえにサッポロ黒ラベルを飲みますたみやんです。ふう。本題書こう

夜のだらだらしてた時間がすごいポジティブになった

日中は割りと集中するけど、家に帰ると途端にやる気がなくなって何も手につかないって人は結構多いと思います。僕も完全にそのタイプで、なるべく多くの時間を集中する為に大学に泊まったり終電まで残ってたりとかするタイプ。でも家に帰って寝る前に適当に15分ぐらいでブログを書こうって思うと意外と書けちゃう。しかも何がいいって、寝る前なんで、明日はあれやりたいな〜時間あんまりないからこれくらいで調整するか〜とかちょっと明日のことを思い浮かべる時間を作れるんですよね。これが一番のメリットかも。次の日の予定をぼんやりと考えるだけでも多分生産性ってぐっと上がると思うし、かなりポジティブになれると思う。あと寝ることに集中できる。これも大きい。スマホ触ってたらいつの間にか寝てたとか皆無ですよ。ブログ書き終わった!やったー!きもちいーねるぜえ!って感じ。最高っす。

夜はブログ書きたいから早めに帰ろ〜って思える

家に帰ったら集中できないからぎりぎりまで作業場に残って勉強なり仕事をしようとすると、「あれ結構時間あるから余裕じゃね?」とか思い始めて集中しない時間とかダラダラする時間とかが結構できちゃうんですよね。これってすごく無駄だと思う(まあそういう強迫観念もよくないし別にダラダラすればいいんだけど、どっちかというとそれでいいじゃんって感じの気持ちにするブログなのに何言ってるんだろう、まあ今回は許して欲しい)ので、夜にはブログ書きたい、ちょっとゆっくりもしたい、そうすると早めに帰りたいな!そしたらこの時間までにこれだけやったらハッピーだな!よっしゃー頑張るぞ!みたいな思考回路が出来上がるわけです。この時間を意識して集中するのがめちゃくちゃ気持ちいい。そして帰って浴びるシャワーとビール。最高かよ〜くぅ〜〜ってなる。サッポロ黒ラベル。ここでビールの話に繋げるあたりうまいよねわかる。

文字を書くと言葉遣いを意識するから自然とポジティブな言葉を選べるようになる

まあメインは自分のために書いているからといっても、さすがにある程度は誰かに読んでもらったときに不快に思わないような言葉を選びますよね。今日のブログはなるべく強迫観念が少なくて気持ちよく捉えられるような言葉を選びたいな〜と思って書いてたり。ちょっとした意識で幸せになれる自分が可愛らしく見えてきたりしますよね。うんうん。うん。うん。

音に意識を向けるから幸せになれる!

これもかなり大きい要素!ブログ書くときは僕は音楽を流してるんですけど、好きな音楽を聴いて何かやりたいことに没頭する時間って最高に幸せだと思うんですよ。そこにビールもあるしね。より素晴らしく聴こえてきますよね。音楽じゃなくてもテレビとか、エアコンや扇風機の音とか、虫の鳴き声とか、逆にすごく静かなこととか、音に意識を向けるとちょっとした幸せを感じられると思うんです。川の流れの音とかを静かな自然で聴くと気持ちがいいように、自分にとってブログを書く時間はすごく楽しんだ〜そのときに聴こえるこの音も好きでさ〜みたいな超ポジティブマンになれる要素だと思います。

落ち着いて何かをする時間ってちょっとした幸せを感じられるよって話

結局はこういうことだと思います。ブログじゃなくても、それこそ音楽をゆっくり聴く時間を5分作るとか、ぼーっと時計の針が回るのを見るとか、外に出て風を感じるとか、ゆったりとした時間を感じることが普段忙しくなりがちな僕たちには幸せを感じられる瞬間なんじゃないかなと思います。それをブログにするメリットは、僕の場合は少しでもいいから誰かが見てくれるかなっていう期待があるとモチベーションに繋がりやすいからですね。ほどよく気持ちよく楽しいことを続けていきたいものですね〜。

ではではビールがなくなったので今日はこの辺で。それではまた〜

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください