考え方洗練週間(1)

ある程度断絶された環境で1日過ごしてみて結構大事なことに気づいているような感覚があるのでまとめてみる。

目の前のことに集中しよう

今の世の中、気をそらすコンテンツが多すぎる。何かに気を取られて、次は別の何かに気を取られて、次は別の何かに気を取られて、気づくと1日が終わるような時間になっていることがある。これはとても危険。

自分が取る行動の1つ1つに意思を持っているか。

自分の生活の中で信じられる指標は何か

今日はよかった?昨日は?明日はどうなるのかな?幸せだった?どうして?という疑問に対する答えを何かしらでいいから持ちたい。持っておきたい。そのために何かしらの指標を生活のどこかに組み込もう。
早起きはできたか。朝活は集中して清算できたか。朝ごはんを美味しくいただけたか。毎日楽しみにしている動画を今日も楽しく見られたか。ご飯のあとはだらけすぎなかったか。午前中は楽しく過ごせた?
お昼ご飯も美味しくいただけたか。仮眠はバッチリ決まったか。
お昼の眠い時間帯も集中して生産できたか。脱力したタイミングで時間を無為にしなかったか。夜ご飯を美味しくいただけたか。夜の英語の勉強に今日も取り組めたか。今日の反省ができたか。昨日と比べてどうだったか。

今日も、楽しかった?

今日大事だと思ったことをメモして明日も思いかえそう

次の日になると色々とリセットできる性格・人間であるけれども、逆に忘れてしまいがちなので、本当に大事だと思ったことは積極的にメモしていこうと思った。
そして毎日の反省や振り返りの時間、瞑想のついでに復習して自分の潜在意識に刷り込んで行く必要があると思った。

隔絶して思いっきり集中する時間を意図的に作ろう

思いっきり集中できる対象があると純粋に楽しいし、幸せだと思う。意識が散漫になってしまうとつまり幸福度が低い。思いっきり集中できる対象を増やすことも大切だし、絞って深掘りしていくのも大切。

改善&反復していこう

これいい習慣だと思うのでちょっと継続してみる。その日に良いなと思った考え方をメモすること、できればそう思ったタイミングとか気づいたタイミングでしっかり残せるといいね。
夜だけじゃなくてお昼とか、朝ごはんの後とかに意図的に時間を作るのも有効かもしれない。
自分の考えを洗練していきたい。そんな2月にしよう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です